初心者でもバンバン釣れる鮎釣り必勝法

初心者でもバンバン釣れる鮎釣り必勝法を、数々の大会でタイトルを獲得しているあの名人が動画も使ってあんなことやこんなことまで伝授します!実は、すでにこの方法でたくさんの方の釣果が上がって実績があり、2012年もフィーバーする予感が耐えません。

分かりやすさはどれくらい?

多くの人が釣りを始めるとき、最初だけ簡単な説明を聞き、あとは自分で試行錯誤します

世の中には沢山のアユ釣り関連の本や雑誌があります。

勉強熱心な方は、本や雑誌で研究し知識を身につけます。

読み終えたら、「今度試してみよう」と思うものの実際にアユ釣りにチャレンジしてみると、「あれ?どうやるんだっけ?」と、やり方がよくわからない。

釣りの現場で本や雑誌を広げる始末です。

しかも、本によってそれぞれ書いてあることが微妙に違ったりして、どれを信じていいかわからない…

本を読んでも、初心者には専門用語で引っかかり、理解するにも一苦労。

その上で本や雑誌などでは釣りの微妙なニュアンスがほとんどと言っていいほど伝わらないのです。

あなたもそんな経験はありませんか?

釣りの本を読んで、その通りにできたら苦労はありません。
本来、釣りというのは、指導者がいてこそ上達するものです。

文字だけで釣りを学ぶことは不可能です。

「いや、本で釣りを勉強することは可能だ」とおっしゃるなら、次の文章を読んで、同じようにやってみて下さい。

ハリを2本平行に持ち、その上にハリスを載せます。
そこを根巻き糸で5~6回巻き込みます。
巻き込んだ後、ハリとハリの間に糸を通して仮止めします。
次に3・4本目を重ねて、根巻き糸で再度巻き込んでいきます。
(この時、全てのハリの中心にハリスがあるようにします)
1本だけハリを広げ、そこに根巻き糸で作ったわっかを2~3回通し、余分な根巻き糸を切ります。
最後にハリを90°に広げて、瞬間接着剤を染み込ませて完成です。

いかがですか?

これを読んで自分ひとりで再現できそうですか?

これは仕掛け(4本イカリの作り方)についての説明ですが、これに写真が付いたところで、細かい動きなど全ては伝わりません。

ましてや川の流れやオトリの誘導方法、魚とのやり取りなどの一連の動きになると、文字や写真で理解するのはほとんど不可能です。

本だけで釣りの技術を学ぶのには限界がある、ということは分かって頂けたかと思います。

繰り返しますが、釣りは本や雑誌だけでは学べません。

実際に上手な人のやり方を目で見て、自分で同じようにやってみなければ、上達しないのです。

つまり、あなたに必要なのは、釣りの技術を目で見て、同じように真似することなのです。

初心者でもバンバン釣れる鮎釣り必勝法の詳細はこちらをクリック

MENU

鮎を知ろう

漁法

シェア・クリップ