初心者でもバンバン釣れる鮎釣り必勝法

初心者でもバンバン釣れる鮎釣り必勝法を、数々の大会でタイトルを獲得しているあの名人が動画も使ってあんなことやこんなことまで伝授します!実は、すでにこの方法でたくさんの方の釣果が上がって実績があり、2012年もフィーバーする予感が耐えません。

鮎を知ろう(食材)

フリー百科事典ウィキペディア『鮎』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/鮎

アユは、初夏から夏の季節を代表する食材として知られ、清涼感をもたらす食材である。

特に初夏の若アユが美味とされ、若アユの塩焼きや天ぷらは珍重される。鮎は蓼酢で食べるのが一般的だが、ほかにも蓼味噌を添える場合もある。

同じ河川のアユでも水が綺麗で上質の付着藻類が育つ上流域のものほど味が良いとされる。[要出典]

アユを刺身にする際には、一般的なそぎ造りにされるほか、そのまま輪切りにした「背越し」にされることがある。背越しでは、歯ざわりと爽やかな香りが楽しめる。

骨ごと食べる背越しは、骨が小さくやわらかい若鮎に適した調理法である。

ただし、アユは横川吸虫という寄生虫の中間宿主である。

それほど重篤な症状を引き起こす寄生虫ではないものの、せごしを含め生食は薦められない。 酢や塩に浸けて、酢飯と合わせた「鮎寿司」、「鮎の姿寿司」も作る地方がある。JR京都駅の名物駅弁ともなっている。

琵琶湖周辺などでは稚魚の氷魚の佃煮や、成魚の飴煮も名物として製造販売されている。

アユの腸を塩辛にした「うるか」は、珍味として喜ばれる[13]。うるかを作るには、腹に砂が入っていない(空腹になっている)夜間・朝獲れの鮎が好しとされる。

シラス漁においては、海で過ごしているアユ仔魚・稚魚が混獲されることがある。しかし、この場合は独特の香りが製品につくのでむしろ嫌われる。

また、アユの仔稚魚は茹でると黄色になる。

乾燥させた鮎節は和食の出汁としても珍重される。

また、鮎の干物からとった「水出汁」は、極めて上品。

初心者でもバンバン釣れる鮎釣り必勝法の詳細はこちらをクリック

MENU

鮎を知ろう

漁法

シェア・クリップ