初心者でもバンバン釣れる鮎釣り必勝法

初心者でもバンバン釣れる鮎釣り必勝法を、数々の大会でタイトルを獲得しているあの名人が動画も使ってあんなことやこんなことまで伝授します!実は、すでにこの方法でたくさんの方の釣果が上がって実績があり、2012年もフィーバーする予感が耐えません。

漁法(友釣り)

フリー百科事典ウィキペディア『友釣り』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/友釣り

友釣り(ともづり)とは、基本的には、アユを釣るための技法の一つであり、釣ろうとしている野鮎の縄張り内に、釣り人が用意したオトリの鮎に掛け針をつけた状態で進入させ、それに対して野鮎が攻撃してきたところを引っかける技法のことである[1]。

漁法

アユの若魚が縄張りを作る5月下旬頃から、産卵直前に縄張りを解く11月頃までの期間で釣り上げることが可能だが、一般に漁期は6月以降である。7-8月が最盛期になる。10月頃に産卵期を終えたアユはサケと同様に泳ぐ力が急になくなり、10月後半から11月前半頃に降った雨による出水で下流に流れ落ちる。(落ちアユ) この時期、網を張っていると一晩で100kgのアユが捕れたりする。

オトリアユの尻びれに刺した逆さ針に掛け針(1?4本)を付け、尾びれの2、3cm後ろになるようにセットし、縄張りを持つ野鮎の縄張り内に進入させ、オトリを攻撃してきた野鮎を掛け針で引っかける。友釣りを「アユ掛け」という地方もあるのはこの漁法による。 オトリアユのルアーはあるが、エサや疑似餌を使わないために仕掛けや釣法は独特の進化を遂げ、友釣りの技術を競う友釣り大会も盛んでインストラクターやトーナメンター、さらに釣った野アユを料理屋やオトリ屋に売って生活するプロもいる。

道具

竿は友釣り専用のものが多数販売されている。現在の主流はカーボンロッドで、長さ9.5m前後、重さは300g未満のものも多くなり軽い。昔は竹竿が主流で1kgを越えるような物しかなかったが、グラスロッド、そしてカーボンロッド、最近はチタン等の金属も利用されるようになり、軽量化が進んでいる。竿先につながる空中の部分の空中糸は通常ナイロン、それにつながる水中の部分の水中糸は水切り抵抗を減らすために空中糸よりも細くするのが普通で、ナイロンの他にポリエチレン、フロロカーボン、金属、複合糸などがある。糸の先におとり鮎を固定するための鼻管(ハナカン)と呼ばれる小さな円形のものを付け、さらに掛針とサカ針と呼ばれる針が一体に結ばれたセットをハナカンに付けて使用する。

その他、タモと呼ばれる釣れた魚をキャッチする網は口径40cm程度の広口のもの。オトリ缶は鮎を生かしておくための必需品で、川に漬けておくが、移動の際は通常エアポンプが使われる。川の中に立って釣る場合が多いので、石で滑らないようになっているシューズは鮎タビと呼ばれる。

友釣り用の竿は長く、かつ軽くという必要条件のため製造に高度な技術を要し、軽量化に比例して値段も高くなる。9.5mの竿で300g未満になると価格は概ね10万円を超え、250g未満のものは30万円クラスが多い。さらに金属糸などの水中糸もグラムあたりでは金(GOLD)よりも高価である。

初心者でもバンバン釣れる鮎釣り必勝法の詳細はこちらをクリック

MENU

鮎を知ろう

漁法

シェア・クリップ