初心者でもバンバン釣れる鮎釣り必勝法

初心者でもバンバン釣れる鮎釣り必勝法を、数々の大会でタイトルを獲得しているあの名人が動画も使ってあんなことやこんなことまで伝授します!実は、すでにこの方法でたくさんの方の釣果が上がって実績があり、2012年もフィーバーする予感が耐えません。

漁法(投網)

フリー百科事典ウィキペディア『投網』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/投網

投網(とあみ)とは、漁業に用いる漁網の一種で、岸辺や船上から魚がいると思われる地点に投げ入れて魚を捕る道具である。

この漁網を用いて行う漁撈活動のことを投網漁といい、また、投網を投げることを「投網をうつ」という。

投網の構造

投網は投げた際に円錐状あるいはつりがね状に広がって沈下するように作られている。

網裾(網の最も外側の部分)には等量の沈子(おもり)が取り付けられており、網裾が自動的に同時沈下して、確実に水底に着底することで、水中または水底の魚群をかぶせとるようになっている。

網の周辺部は網が袋状になるように作ってあり、魚が網から逃れようとすると、その部分に入ってしまう。

一枚の帯状に作られている投網もある。この場合、投網をうったらすぐに魚を網のある方に追い込まなければならない。

投網のうち方の種類

・二つ取り
・三つ取り
・すくい取り(別名「細川流」或いは「本振り」)
船で広い範囲を移動しながら打つのに適し、体力のない人でも練習次第で、大きく網を打てるようになるうち方。和歌山県の茜屋流で有名なのは、刺し網を投網のように投げる漁法の小鷹網。

初心者でもバンバン釣れる鮎釣り必勝法の詳細はこちらをクリック

MENU

鮎を知ろう

漁法

シェア・クリップ